カテゴリー別アーカイブ: 雑記

小高みちる イベントに登場!?

先日おもしろいお仕事をさせていただきました。
外資系金融証券会社CLSA社さまからのご依頼を頂き、28日東京国際フォーラムに於いてマンガ制作のパフォーマンスをしました。
28日はCLSA社さまのパーティ。
800名ほどの招待客がいらっしゃっていて、とても大きなイベントでした。
お客様の7割は外国の方、それゆえパーティ前半部のコンセプトが“日本文化に触れていただく”というもの。
今、日本文化といえばアニメ、マンガ!!(イベント会社さま談)
ということで、コスプレイヤーの方や着物をアレンジした衣装をまとった方々がお客様をご案内する中、ステージ上でマンガ家がマンガを描く過程をパフォーマンスするという趣旨。
02.jpg
そんなお話が、なぜ私のところに!?!?!?!?
なぜだか、私がその大役をさせていただくことになりました。
30分30分の2回に分けて、デジコミではなく手描きでラフ→ペン入れ→髪ベタ→効果線→トーンワーク、他にカラー原稿
という流れを実践。
小高はいつもデジコミばかりやってるように見えますが手描きのキャリアも長かったりします。
素材はイベント会社さまから提示された設定。
「マンガ家がキャプテン ボンバスティックとプリンセス ファンタスティックを主人公としてマンガを描いています。そうすると、キャプテンとプリンセスが飛び出してきてこのパーティが始まりました。二人の世界が現実のものになって、お客様はその世界にいらっしゃいます。」と。
な、なるほど。
ネーム(コマ割やセリフ)を考えるのが難しソウ…(--;)
2,3ページほどの絵を用意して欲しいとのことでしたので、3ページ分のネームを用意しました。
マニアっぽい絵柄を所望とのことでしたので、いつもの絵とは違ったタイプの絵をがんばってカキカキ。
08.jpg
漫画家は本来人前に出ることを苦手とする方が多いのですが、わたしは、度胸があるのか鈍感なのか人前に出ることをあまり苦にしないようで…。
さらりさらりとペン入れをし、しゅびしゅびと効果線を描き、しゃかしゃかとトーンを削り。
30分と言う時間の中、まるで締め切りとの戦いのよう。
想像以上の華麗なテクニック…(ということにしておいて)に、お客様は驚嘆の声を(ということにしておいて)。
大役を無事終了。
役目を終えた後は、パーティーを満喫☆(本命はこっちだったり(^^))
異空間を感じたのは、殆どが外国の方だっので自分が人の波に埋まってしまったととです。
比較的長身の私は、人を掻き分けるために背をかがめてもぐるようにしたのは初めての経験(。。;)
おもしろかった(☆☆)
09.jpg

本日は創業日です。

デジタルノイズが法人化したのが2000年の8月14日ですので本日で満6年になりました。ということは僕も歳をとるわけですが‥。(8月14日は誕生日でもあるのです。)
思えばデジコミ開発をし始めたのは20代なかごろでしたからなんだかんだと10年以上やってるわけです。もう30代‥40のほうが近くなってしまいました。
学業年齢を越えると人は年齢分大人‥成長するのは大変だそうですが自分は年齢分の大人に達してるのでしょうか?‥‥大変疑問です。(苦笑)
応援していただいているサポーターの皆さん、漫画家さん達の為にも少しでも仕事のしやすい環境を構築していきたいと思いますしアニメの仕事も(納期を守って)こだわった仕事をしていきたいですね。がんばってくれるスタッフ達の夢をかなえるためにも(^^)
コレサワシゲユキ

ボクの仕事

今週は講演とアニメの設定チェック仕事に追われながらデジタルコミック専用新型統合機の設定追い込みをしています。
だいたいボク(コレサワ)のする仕事は以下のようなかんじです。
1アニメの設定仕事(最近だとポケットモンスターやRAY、デスガイア)
2統合化計画関連(デジコミエフェクター指導、統合機チューニング、ネットワーク関連など)
3デジコミ関係の講演(マイクロソフト主催WindowsVISTAお披露目イベントでのデジタルコミックデモンストレーション等)
4デジタルコミックノウハウ開発およびアドバイザー
5流通処理
アニメの設定関連は基本ラフを鉛筆で描いてというパターンと3Dでモデリングする二種のパターンがあります。たとえばポケモン、デスガイアは3D入校、RAYは2D入校というかんじです。
コミックスタジオの3DLTは元々ボクの発案でもあるのでボクの使うソフトLightWave3D形式が標準になっています。バンクレンダリングの場合はLWで作業が完結することもありますがアニメの設定画はアングルが多い=良い設定画ではないのでイメージが一番つかみやすい構図を数点に絞って入校することが多いです。
つまりアニメは設定が多いとかえってアニメーターを悩ますトラフィックの原因になる訳です。
次回7月9日のデジコミ講座では3DLTのデーターを手描きと全く同じレベルにする講座をやっていますがそのへんはボクのアニメ設定作成のノウハウからのフィードバックだったりします。
もっとも最近はデザインだけでなく時代考証、科学考証などの設定チェック的な作業も増えてますし現場で3D使用が前提の場合も多いのでRIGをしくんでフィルムボックス形式で入校するとか、デザイナー=デザインだけで良いという時代が終わりつつあるようです。